加熱観察測定装置

core9030series

業界標準のコネクタ平坦度測定

業界標準のコネクタ平坦度測定

コアーズの加熱平坦度測定装置であるcore9030シリーズは、発売以来多くのコネクターメーカー、セットメーカーで活躍してきました。現在はその高い信頼性が評価され、国内外の実装業界ではもはや実質的な標準規格として扱われています。

core9032a

リフロー炉内の端子の挙動を2D波形で把握

core9032aは、レーザー測定タイプのリフローシミュレータの標準的なモデルです。これまで長年に渡り多くのコネクターメーカーさま、セットメーカーさまで実装時のコネクターのコプラナリティ評価で使用されています。

説明画像

●製品の特徴

  •  対流加熱による加熱中の温度毎の平坦度の測定が可能
  •  オプションの観察ユニットにより、前面からの加熱中のモニタリングが可能
  •  測定距離100×75mmでコネクターの測定に最適
説明画像

加熱時の炉内の様子をモニタリング

core9032aの前面には観察窓が設置されており、オプションの「カメラユニット」を導入することで加熱測定中の様子をカメラでリアルタイムにモニタリングできます。

コネクタの観察例

説明画像

core9032aハイブリッド
平坦度測定&リフロー観察システム

ダウンロード

カタログアイコン

core9038a

加熱中のA4サイズの基板反り測定も可能

core9038aは、A4サイズまで測定可能なレーザー測定タイプのリフローシミュレータです。電子部品だけでなく基板の測定も可能なため、製品組み立て時の品質評価や電子部品や基板の受け入れ検査に最適です。また、観察ユニットの追加で上面からの観察も可能となり汎用的に使用できます。

●製品の特徴

  •  電子部品用と基板用2つのセンサを搭載
  •  オプションの観察ユニットで加熱中の観察も可能
  •  A4サイズまで測定が可能
core9038a

加熱時の炉内の様子をCCDカメラで観察

core9038aは「ショーケース」タイプの開放的な加熱炉を採用しました。オプションの「カメラユニット」を用いれば、様々な角度から実装中の炉内を観察することができます。実装時に起こる基板の反り、部品の挙動、はんだのヌレ性をリアルタイムに把握できます。

チップコンデンサの観察例

説明画像

core9038aハイブリッド
平坦度測定&リフロー観察システム

ダウンロード

カタログアイコン

core9012b

常温での平坦度インライン&抜き取り検査も可能

core9012bは、加熱機能のないレーザータイプの平坦度測定機です。出荷時のコプラナリティの品質保証用のデータとして様々な生産現場で活躍しています。

説明画像

●製品の特徴

  •  レーザーセンサーでのコプラナリティ測定が可能
  •  加熱機能はなく、常温時のインラインや抜き取りでの平坦度測定が可能
説明画像

インラインにも対応

高速測定を可能としているので、インラインにも対応します。core9012bをインラインに導入することにより、人間による振り分けミスを防止するだけではなく、画像処理では対応できない高度な合否判定を適確・迅速に行えます。

説明画像

core9012b
平坦度測定モジュール【高精度タイプ】

ダウンロード

カタログアイコン

core9032a
core9032a
core9038a
core9038a
core9046a-z
core9046a-z
測定距離(XY)
(X)100mm×(Y)75mm
(X)210mm×(Y)300mm
(X)100mm×(Y)75mm
温度範囲
300℃
300℃
加熱なし

見る、触る、体験する[EXP LAB]

操作性や可能性をその手で実感できます

EXP LAB(CORESエクスペリエンスラボ東京)は、コアーズ製品を体験いただけるラボ&ショールームです。
製品コンセプトや操作性、さらには先端計測器の可能性を感じていただける場として空間をデザインしました。
ご検討される際にはぜひお越しください。

お電話でのお問合せ

ご予約・お問合せはお電話でも承ります。

03-5335-9656

受付:平日AM10:00〜PM5:00

メールでのお問い合わせはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

  • リフローシミュレータ
  • コアーズ エクスペリエンスラボ東京
PAGE TOP