加熱タイプ X線観察装置【リフロースコープ・X-ray】

core9060a

  • リフローシミュレータ

リフロー炉内の現象をX線で捉える

加熱タイプ X線観察装置【リフロースコープ・X-ray】 core9060a

製品概要

従来のX線観察装置では、ボイドの発生やヌレ性の確認をハンダ付け完了後におこなっており、発生原因の特定や解析は非常に困難でした。
コアーズの加熱タイプX線観察装置は、リフローでの加熱を再現することでハンダの挙動をX線により観察できるようになりました。これにより、ハンダ材料の選択やリフロー条件の管理、ボイドの発生メカニズムの解析・検証において絶大な効果が期待できます。

製品の特徴

電子部品からA4サイズの基板まで、X線で観察可能

core9060aは、大型サイズのワーク観察を実現するため、特殊な加熱炉を開発しました。これにより、チップ部品や BGAなどの電子部品から、A4サイズの基板まで直接加熱した時の実装状態をX線で観察できます。
製品の特徴画像

高倍率(200倍)でのX線観察を可能にした観察方式

core9060aでは、X線管を炉内に配置することで、これまでは実現できなかった高倍率を実現しました。 従来のX線観察装置では、X線管と加熱炉が分離されるため、観察画像の倍率を上げることはできませんでした。 しかし、コアーズの「加熱タイプ X線観察装置 core9060a」は、この概念を打ち破り、X線管を炉内に配置できる特殊な 加熱炉とX線管を開発しました。これにより、幾何学倍率200倍(モニタ倍率500倍)という高倍率での観察を可能にし ました。
製品の特徴画像

カタログ

製品カタログをダウンロードできます。
下記のリンクをクリックしていただくとカタログのダウンロードを開始します。

製品に関するお問い合わせやご相談は、お電話またはメールにて承っております。

0554-45-1027

受付日時:平日AM10:00〜PM5:00

  • リフローシミュレータ
  • コアーズ エクスペリエンスラボ東京
PAGE TOP